クルクミンサプリの口コミランキング@私のおすすめはこれでした。

クルクミン サプリ

クルクミンっていったい何のこと?という人も多いのでは。ウコンといえば、お酒が好きな人にとってお馴染みです。実はこのウコンの黄色い色素成分がポリフェノールであるクルクミンなのです。

 

・肝臓の解毒機能強化
・胆汁の分泌促進
・肝機能向上
・コレステロール値低下
・健胃
・美肌
・脳機能の活性化

 

といった効果があり、二日酔いを防ぐことができます。脂溶性の成分なので水に溶けにくく、実はあまり吸収率が高くありません。また独特の味や香りもあるので、サプリメントやドリンク剤から摂るのがおすすめです。当サイトでは、クルクミンが手軽に効率よく摂れるサプリを口コミからランキング。いろいろあって迷うという人は、ぜひチェックしてみて下さい。

 

セラクルミンの特徴

肝機能の数値がちょっと高めで心配という人におすすめです。健常域で高めの数値の低下に役立つことが、科学的に実証された機能性表示食品。クルクミンの吸収量を27倍に高めた、独自開発のセラクルミンを配合。国内GMP認定工場生産で安全・安心です。体験者からは、お酒を飲んだ翌日もスッキリ、即効性に驚きました、朝の目覚めが違うとの声が。1日めやす2粒に高吸収クルクミン180r含有。お得な定期購入コースは初回限定50%OFF。

価格 4,990円
評価 評価5
備考 独自開発のセラクルミン配合

 

活性ウコンSUPERの特徴

ウコンの健康成分を詰め込んだサプリです。クルクミンを多く含む秋ウコンを使用しています。有用成分の吸収を高めるピペリン、伝統の栄養素材である紫ウコンエキスをプラス。3つのパワーを詰め込んだサプリです。1日めやす3粒にクルクミン40r含有。体験者から、ドリンクよりも手軽、食品メーカーで安心、若々しくいられるなどの声あり。スパイスを扱い続けた食品メーカーならでは。今なら、1ヶ月お試しモニターキャンペーンあり。

価格 2,100円
評価 評価4
備考 秋ウコン・ピペリン・紫ウコンエキス

 

やわた 琉球ウコンの特徴

琉球王朝時代から伝わる琉球ウコンのサプリです。無農薬栽培の琉球ウコンを使用しています。琉球ウコンにはクルクミンが豊富に含まれています。クルクミン濃縮エキスを従来品の約3倍、20r配合。1日めやす3粒。飲みやすい小粒サイズに仕上がっています。お酒を飲んだあとのむかつきが減った、匂いも味もなく飲みやすい、などの声がありました。初めての方限定、38%OFFのハーフパック(約半月分)あり。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 無農薬栽培の琉球ウコン

 

ヘパリーゼZの特徴

通販限定のヘパリーゼサプリメントです。肝臓をいたわるために摂っておきたい成分をギュッと詰め込んでいます。1日めやす3粒に、ウコンエキス40rを配合していますのでクルクミンもバッチリ。肝臓エキス、オルニチン、セサミン、L-シスチンも配合。持ち運びに便利な個包装になっています。健康と美容のために続けています、朝スッキリ起きられます、との声あり。お得な3個セット(約15日分)は送料無料。

価格 3,645円
評価 評価2
備考 肝臓エキス・オルニチン・セサミン・L-シスチン

 

秋ウコンホワイトの特徴

業界最高のウコンエキス末を配合したサプリです。クルクミンが豊富な秋ウコンを使用。吸収率を高めるために、クルクミンが吸収されるときに変換される成分テトラヒドロクルクミノイドに。苦みや臭みもなく、より強く。1日めやす1粒にウコンエキス末50r配合。新しいウコン素材が決め手でした、1粒なのが嬉しい、悪酔いがない、との声が。水なしで噛んで飲めるレモン風味のタブレッド錠です。

価格 2,750円
評価 評価1
備考 秋ウコン使用

 

クルクミンの効果

 

クルクミンというのはウコンに入っている成分ですが、カレーのスパイスに利用されているターメリックが最も有名かもしれません。これはショウガ科のスパイスで、見た目もショウガによく似ています。

 

クルクミンは、ウコンに多く含まれているポリフェノールの一つで、黄色の色素を持っています。昔から食品用の色素としても利用されており、黄色いたくわんの黄色や、お正月の栗きんとんの栗の着色をつけたりするために日本では用いられてきました。

 

今、ウコンと言えば肝臓のトラブルを改善したり、二日酔いを防止するための人気商品になっていますが、人間とウコンの付き合いは実はかなり古いのです。ウコンには、約20種類ほどの種類があって、ウコンの種類によって、クルクミンの含有量は違いがありますが、秋ウコンと呼ばれるものがもっともクルクミンの含有量が多いのだそうです。

 

クルクミンには近年、肝臓への効果だけでなく活性酸素を抑制するという抗酸化作用や、抗炎症作用・抗腫瘍作用、アンチエイジングへの効果、脂質の分解促進作用など多くの効果があり、生活習慣病の改善や、老化予防、がん予防などへの効果も期待されています。現代人に嬉しい効果が多い成分だと見られているのです。

 

クルクミンは基本的に水に溶けにくく、体にはあまり吸収されずに排出されるので、吸収力を高めてサプリメントにしている商品を選ぶとより良い吸収ができるでしょう。副作用はほとんど無いと言われますが、アレルギーになったり、肝臓のトラブルを持つ人は悪化することもあるそうですから、事前に医師に確認した方が良いでしょう。

 

クルクミンは副作用あるの?

 

健康効果に定評のあるウコンの主成分クルクミンですが、これには副作用と言えるようなものは無いのでしょうか。実は、クルクミン自体には副作用は、特に報告はないようです。

 

しかしながら、クルクミンではなく、ウコンを長期間にわたって大量摂取すると副作用のようなものが起こることが知られています。日本ではウコンはウコン茶やウコンパウダーなどを利用しますので、これに該当することがありえますので注意してください。

 

その副作用ですが、肝臓に障害がある人がウコンを多く摂取すると、肝硬変の悪化や肝性脳症を発症することがあるそうで、肝臓の健康に問題がある人は、ウコンではなくクルクミンのみを抽出したようなものを利用したほうが良いでしょう。

 

また、人によってはアレルギー反応が生じ、かゆみなどが強く出ることがあるそうです。ですから、もしも飲んだ後に肌に違和感を感じた場合にはいったん服用はやめて病院などを受診するようにしましょう。

 

クルクミンとウコンは一緒だと思っている人も多いのですが、クルクミン自体には副作用はないので、ウコンとは混同しないようにする必要があります。安全性を求める人は、基本的にクルクミンを抽出したサプリメントを利用するのが良いでしょう。

 

最近、ウコンを利用した健康食品ではなく、クルクミンのサプリメントが増えているのはそういった事情があります。吸収率も高く、健康効果も期待できるので、ぜひ試してみてください。

 

クルクミンの摂り方、飲むタイミングは?

 

クルクミンというとウコンのポリフェノール成分で、これを用いた栄養食品やドリンクが非常に多くなっています。主な用途は二日酔い防止ということになりますが、この効果を最大限発揮するにはクルクミンをアルコールを飲む前、それとも後、どちらに摂取するのが良いのでしょうか。

 

その答えを考えるなら、まずは二日酔いが起こる仕組みについて理解しましょう。二日酔いは、アルコールを肝臓で処理する際に発生するアセトアルデヒドが体内に残り、それが全身を血液に乗って巡るために生じます。

 

ですから、アルコールの分解がしっかりできないために途中で生じる物質が放出されてしまっているということですから、できるだけ肝臓の機能を高めた状態でアルコールを処理することが肝心です。そのためには飲酒前にクルクミンを摂ると良いでしょう。フル稼働中の肝臓なら、より効率的にアルコールを処理するので血液中に有害物質を逃がしにくくなります。

 

ただし、クルクミンは、ウコンの粉末やサプリメント、ウコンドリンクなどから摂取するのが良いでしょう。それも、吸収して効果が出るまでには多少時間がかかりますから、お酒を飲むということが決定したら、できれば1時間前には粉末やサプリメントを摂るようにし、錠剤などを利用する際はそれよりさらに前に利用するのが良いでしょう。

 

徹底的に対策をするなら、お酒の席の際にもウコン茶などのドリンクを注文してみたり、またお酒の席が終わってからもウコンを摂取すると良いでしょう。

 

クルクミンが含まれる食品はウコンだけ?

 

ウコンは肝臓を元気にする作用をもっているので、疲労回復に有効な食品です。その有効成分のひとつにクルクミンというものがあります。クルクミンは、ウコン(ターメリック)の黄色い色素成分です。これはカレーのスパイスに含まれているというと少しなじみやすくなるでしょうか。昔から食品に色をつけるために利用されていて、栗きんとんやたくあんに黄色をつける際に利用されています。

 

このクルクミンは抗酸化物質であるポリフェノールの一つにあたり、肝臓の解毒機能を高め、胆汁の分泌を促進することで肝臓の働きを強化します。肝臓はエネルギー代謝にも大きく関わっている臓器ですから、肝臓の働きがよくなることによってエネルギー代謝も盛んになり、疲労回復に有効に作用するのです。

 

また、クルクミンの抗酸化作用は、活性酸素によってダメージを受けた細胞を正常な状態に戻したり、活性酸素から細胞が機能低下を起こすことを防いでくれるので、健康状態の維持や改善にも有効です。

 

最近はアルツハイマーの予防やがんの予防など、難病への対策にも有効とされています。血中コレステロールを改善して、生活習慣病にも有効性があるようです。

 

このようにクルクミンには、疲労回復にとどまらない、多くの効果が期待できるのですが、うまく利用することによってもっと健康でまた活力のある生活を可能にしてくれると期待できます。二日酔いの改善だとばかり思って敬遠している人も多いそうですが、多くの健康効果があるので飲んでおいて損は無いのです。

 

ウコンとクルクミンの違い

 

よく聞くウコンと言えば、忘年会や新年会など、避けられない飲みの席では頼りになる味方ですよね。時々、ウコンと同様にクルクミンという成分がアピールされている商品もあるのですが、ウコンとクルクミンは何が違うのでしょうか。

 

結論としては、ウコンに含まれているポリフェノールの一種がクルクミンです。ポリフェノールというのは非常にたくさんの種類があり、あまりポリフェノールのイメージが無いウコンにもポリフェノールは含まれているのです。

 

ウコンの黄色い色、あれが実はクルクミンの色なんです。ウコンやクルクミンというとあまりにもなじみが無いですが、ターメリックと聞くとわかる人もいると思います。カレーのスパイスに含まれていると言われるクルクミンの色によってカレーの色や風味も出ているのです。

 

クルクミンは肝臓をはじめ、多くの消化器や循環器の健康改善に有効ということもあり、調子が悪くなってきたときにカレーを食べると元気になると言ったりします。「夏はカレー」というのは商業用の言葉ではなく、栄養学的にも確かなのだそうです。クルクミンは他の食品には含まれておらず、ウコンにのみ含まれていると言われています。

 

健康によいクルクミンですが、課題は体への吸収率がよくないということ。その問題点を解決したサプリメントが最近は増えているんですね。ウコン茶などを飲んでもそれほどクルクミンの効果はないみたいですが、クルクミンのサプリやウコンのエキスを抽出したものは吸収率に配慮されているので吸収力も高いのです。

 

クルクミンは二日酔いに効く?

 

ウコンといえば二日酔いに効果があると言われるものですが、その健康効果の中枢を担っているのがクルクミンというポリフェノールです。このクルクミンはウコンに2〜5%程度含まれている成分で、量が多いということはありませんが、それでもウコンよりもkのポリフェノールが摂取できる食品は今のところ無いと言われています。

 

黄色い色素としても重宝されていて、世界中で食品の着色料としても利用されています。カレーの色もそうですし、日本ではたくあんの黄色はこのターメリックが重要です。ウコンが二日酔いに有効とされているのですが、それはこのクルクミンの効果で、クルクミンが肝機能を向上させてくれるからです。

 

肝臓はアルコールの分解やエネルギー代謝や蓄積など多くの働きをしていますが、クルクミンが摂取できているとその働きが活性化するので、二日酔いの改善はもちろん、全身に様々なメリットを届けてくれます。

 

二日酔い防止を考えるなら、できれば飲む前がおすすめで、また飲酒の後に飲んでも構いません。一点注意を挙げるなら、脂溶性の成分ですので、できればお酒を飲む前に何か油脂分のあるものと一緒に摂取するのが良いでしょう。カレーを事前に食べておくとお酒に酔いにくくなるというのはこの組み合わせによるものです。

 

クルクミンはその他にも胃腸を強くしたり、血行を改善してくれるので、アルコールによるトラブルの予防や改善に有効です。ちょっとお酒が続くというタイミングでは、毎日摂取していると活力が失われることがありません。